HOME特別シンポジウム

特別シンポジウム

超スマート社会を実現する環境回復技術
1月29日(水)10:30-11:30

ナノマテリアルの法規制の動向

松浦 徹也 氏
一般社団法人 東京環境経営研究所
理事長

マテリアルズ・インフォマティクス:「できる」から「できた」へ
1月30日(木)10:30-12:35

データベースを用いた
圧力誘起超伝導材料の開発

高野 義彦 氏
物質・材料研究機構
国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(MANA)
MANA主任研究者 /
ナノフロンティア超伝導材料グループ グループリーダー

機械学習によるタイヤ用ゴム材料の開発

小石 正隆 氏
横浜ゴム株式会社
理事 / 研究室長

スマート社会をリードする5G対応材料技術最前線
1月31日(金)10:30-11:30

「5Gに対応するFPC市場/技術動向」
~5G高周波要求に対応する
高速FPC技術開発について~

松本 博文 氏
日本メクトロン株式会社
フェロー・上席顧問

「積層セラミックコンデンサの
技術動向」(仮)

松田 真 氏
株式会社福井村田製作所
コンデンサ事業部 技術開発統括部
開発1部 開発1課 シニアマネージャー

nanoレベルでの生命現象を意識した創薬・医療
1月31日(金)11:45-12:45

クライオ電顕が
医学・薬学分野に役立つ時代に

藤吉 好則 氏
東京医科歯科大学 高等研究院
特別栄誉教授

クライオ電顕が切り拓く創薬

濡木 理 氏
東京大学 大学院理学系研究科
生物科学専攻教授

グラフェンスペシャル
1月31日(金)13:00-13:45

Towards the killer applications of
graphene materials.

Prof. Zhongfan Liu
Peking University /
BGI. China

Graphene-based devices for health
diagnostics, environment control,
safety and security

Arben Merkoçi
ICREA / ICN2, Spain


Return top