シーズ&ニーズセミナー 2016年 1月28日(木)10:30-11:15 A会場

可児 修一

日立工機 ライフサイエンス機器事業部

アプリケーション・サイエンティスト 医学博士

遠心機を用いた分離技術の基礎と最新活用事例

遠心分離という手法は古くから確立され、現在では研究開発から生産現場まで、様々な場面において活用されている技術です。遠心分離の原理は非常にシンプルですが、その理論を深く理解し応用することによって、遠心分離技術を用いたナノ粒子の分離・分級・精製が可能になります。本セミナーでは遠心分離の理論を解りやすく解説し、ナノ粒子の分離・分級・精製への応用方法や、用途に合わせた生産用遠心機の選択方法などをご紹介します。
また近年遠心力を利用した新しい測定装置が開発されており、その中でも各方面から注目を集めている粉体の付着力を測定する「遠心法付着力測定装置」を、活用事例を交えながら紹介します。
古くて新しい「遠心分離」の技術が、ナノ粒子の分離・分級・精製の新たな可能性を広げます。進化し続ける遠心分離応用技術の世界に、ぜひご注目ください。

このウィンドウを閉じる