シーズ&ニーズセミナー 2016年 1月28日(木)15:05-15:50 A会場

光本 政敬

長瀬産業

ナガセアプリケーションワークショップ(NAW) リーダー

塗料・シンナーのVOCを半減!!炭酸ハイブリッド塗装システム

大気・人体汚染の原因となるVOCの排出抑制が推進される中、我々は塗料・シンナー中のVOCを約50%削減する「炭酸ハイブリッド塗装システム」を開発している。この塗装システムは溶剤系塗料に使用するシンナーを液体二酸化炭素に替えることでVOCを削減する。工業用二酸化炭素は水素等の製造プロセスの副生ガスをリユースしているので環境負荷は低いといえる。このシステムの技術的課題として、塗料成分の樹脂が装置内で析出し閉塞を起す問題があった。そこで樹脂と液体二酸化炭素の相溶性試験を繰返し、最適な配合理論を見出した。シンナーを「ある揮発成分」に変更することで樹脂の析出はなく塗膜性能も維持しながらVOCの大幅削減を可能にした。ハイソリッド塗料でさえVOCを約50%削減でき、シンナーを100%カットした事例もある。水系、粉体塗装に続く新しい環境対応塗装と期待される「炭酸ハイブリッド塗装システム」について解説する。

このウィンドウを閉じる