HOME前回の開催報告グラフェンスペシャル 次世代カーボン素材の最新状況

主催

nanotech 実行委員会

(株)株式会社JTBコミュニケーションデザイン

お問い合わせ

nano tech 実行委員会
株式会社JTBコミュニケーションデザイン

〒105-8335 
東京都港区芝3-23-1 セレスティン芝三井ビルディング
TEL:03-5657-0760
FAX:03-5657-0645
E-mail: nanotech@jtbcom.co.jp

※ 4/1から会社名が変更になりました。(旧社名:(株)ICSコンベンションデザイン)

JECC

個人情報の取り扱いについて

特定商取引法に基づく表示

同時開催展

  • 3D Printing 2016
  • ASTEC2017 国際先端表面技術展・会議
  • SURTECH2017 表面技術要素展
  • interaqua2017 第7回国際水ソリューション総合展
  • enex 2017
  • Smart Energy Japan 2016
  • 新電力EXPO 2017
  • Convertech JAPAN
  • 新機能性材料展2017
  • 3次元表面加飾技術展
  • 先進印刷技術展
  • Printable Electronics 2017
  • 試作・受託加工展

  • 3D Printing 2016

グラフェンスペシャル 次世代カーボン素材の最新状況

1月27日(水) 14:00 - 17:00
会場 : 展示会場内メインシアター / 参加費 : 無料

司会:Antonio Correia, President,
Phantoms Foundation (スペイン)

Graphene Technology: Roadmap to Applications
応用分野へのロードマップ 14:00-14:25
Andrea Ferrari

Andrea Ferrari
Director, University of Cambridge,Cambridge Graphene Centre (イギリス)

Graphene for future sensor applications
グラフェンで未来のセンサーへ 14:30-14:55
Robert Roelver

Robert Roelver
Corporate Research, Robert Bosch

[ 講演内容 ]

Bosch sees the timeframe for commercializing graphene devices in 5 years. The process of knowledge transfer from university basic research to industrial research has just started.
Bosch corporate research has started first collaborations with university institutes to evaluate the potential of graphene for sensor applications.
The first part will be dediacated to wafer based graphene fabrication covering recent advances in global research.
The second part will give an overview on Bosch relevant graphene based sensor applications with a special focus on magnetic Hall sensing including first experimental results.

[ 略 歴 ]

1996 – 2003 Student of Electrical Engineering at RWTH-Aachen University 2001 6 month internship at Agilent Labs, Palo Alto, USA “MBE-growth of VCSEL Lasers”
2003 Diploma in Electrical Engineering from RWTH Aachen University 2003-2007 PHD student at Institute for Semiconductor Electronics (Prof. H. Kurz) RWTH Aachen University
Thesis Title: “Si/SiO2 quantum wells for next generation solar cells”
2007 Winner of the EMRS Young Scientist Award, EMRS Spring meeting, Strasbourg, France 2008 Post Doc at the Institute for Semiconductor Electronics (Prof. H. Kurz) RWTH Aachen University 2009-now Researcher at Bosch corporate research, department for microsystem technologies, Project Manager scouting project “Quantum and Nanotechnology”

2D Materials Growth: Prospects and Challenges
二次元素材の成長:展望と課題 15:00-15:25
小久保 研 氏

Luigi Colombo

Texas Instruments

[ 講演内容 ]

The isolation of graphene now almost a decade ago has given rise to the revitalization of 2DM. The 2DM materials under investigation, in addition to graphene, include h-BN, semiconducting, metallic, and superconducting 2DM. While h-BN is an excellent 2D insulator, TMD materials provide what graphene and h-BN cannot, a bandgap that can be used to create new heterostructure devices. A number of devices structures are currently under evaluation to take advantage of the properties of these materials. Some of the devices are based on tunneling which can be used to lower the voltage and power dissipation of a logic gate. In this presentation we will review the state of the art in devices in graphene, h-BN, and a few TMD materials and their prospects for future electronic device applications.

NEDOナノ炭素材料実用化プロジェクトの紹介 15:30-15:45
小久保 研 氏

小久保 研

新エネルギー・産業技術総合開発機構 電子・材料・ナノテクノロジー部 主査

[ 講演内容 ]

グラフェンをはじめ、カーボンナノチューブ、フラーレン等のナノ炭素材料は、軽量、高強度、電気や熱の伝導性が極めて高いなどの多くの優れた特性を有しており、今までにない革新的な省エネ部材を生み出すことが期待されています。我々のNEDOナノ炭素材料実用化プロジェクトでは、これらナノ炭素材料と既存材料を混合することで、今までにない革新的な材料の開発に取り組んでいます。また、安全性や分散体評価に関する基盤技術も並行して開発することで、産業界における実用化の加速を目指しています。本講演では、これまでのいくつかの成果を交えて本プロジェクトの概要を紹介します。このプロジェクトの一部の成果は、NEDO展示ブース(4B-01)でもご覧いただけます。

[ 略 歴 ]

1994年3月 大阪大学工学部応用化学科卒業、1996年 同大学院工学研究科応用化学専攻修了、1998年 同大学院工学研究科分子化学専攻修了、同博士(工学)授与。1998年4月 大阪大学助手、2007年 同講師、2008年~2009年 米国マサチューセッツ大学客員准教授(兼務)、2014年 同准教授。2015年4月 大阪大学大学院工学研究科戦略支援部(兼任)、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)電子・材料・ナノテクノロジー部プロジェクトマネージャー主査(兼務)。専門分野:有機化学、ナノ炭素材料化学。

工業利用に向けたグラフェンの開発 15:50-16:25
 

長谷川 雅考

・産業技術総合研究所 ナノ材料研究部門 グループ長
・TASCグラフェン事業部プロジェクト 本部長

[ 講演内容 ]

グラフェンがノーベル賞を受賞して5年が経過し、世界各国が実用化を目指した開発でしのぎを削っている。本講演ではグラフェンの工業材料としての魅力を議論し、合成および量産技術について産総研および技術研究組合単層CNT融合新材料研究開発機構での開発の現状を紹介する。さらにグラフェンの用途の可能性について検討し、課題と今後の展開について議論する。(関連の成果はNEDO展示ブース(4B-01)、産総研展示ブース(5R-24)でご覧いただけます。)

[ 略 歴 ]

1990: 工業技術院電子技術総合研究所
2001: 独立行政法人産業技術総合研究所
2011-: 技術研究組合単層CNT融合新材料研究開発機構(TASC)グラフェン事業部プロジェクト本部長
2013-: 産総研グラフェンコンソーシアム会長
2015-: 国立研究開発法人産業技術総合研究所ナノ材料研究部門

引き続き、会期2日目(1/28)シーズ&ニーズセミナーB会場にて、グラフェンスペシャル②を開催いたします。

TOPへ戻る

Copyright© 2016 JTB Communication Design, Inc. All rights reserved.